About

幹事校・協力企業・運営・賞品などについて

1、幹事校・運営について
幹事校は立候補制です。幹事校から幹事長、会計を一名ずつ選出します。1992年は立教愛好会、1993年は青山学院理工サッカー部、1994年日大理工サッカー部、1995年日大法学部サッカー部、1996年明治大学和泉FC、1997年中央大学サッカー同好会、1998年明治大学体同連、1999年からは稲穂キッカーズと中央大学サッカー同好会が交互に幹事を務めています。
主な仕事内容はグラウンドの確保・確保の依頼、スケジューリング、HP・掲示板の更新・管理、結果の配信・把握、総会の準備、進行、東西交流戦・東西対抗戦の運営、カップ戦全試合の主審・本部、リーグ戦1部リーグの本部、全チームへの連絡・報告、賞品や備品の購入、予算の管理、名簿作成などがあります。
カップ戦において、幹事校が試合する際の審判は、他チーム等に依頼します。
2、協力企業
スポーツマネジメント株式会社

協力内容は、運営全体のアドバイザリー、カップ戦決勝・東西対抗戦の会場の確保、1部リーグ主審の派遣、東西交流戦の運営などがあります。あくまで学生主体の運営ということを前提にご協力いただいております。
3、賞品・予算について
カップ戦優勝校、リーグ戦1部優勝校、2部・3部各ブロック優勝校、各部得点王には、幹事校から賞品を差し上げております。2008年度はリーグ戦優勝チームにボールを、得点王にピステ上下を差し上げました。
予算につきましては第一回総会で各チームより徴収し、第三回総会にて会計報告を行っております。